活用しよう!勤怠管理にタイムレコーダーが最適!

働き方改革により企業に求められる勤怠管理

国が定めた働き方改革の影響により、従業員の勤怠管理は重要なテーマとなっています。しかし、業種や業界によっては勤務時間が不規則であったり、急遽突発的な勤務が発生する企業も少なくありません。しかし、そのような場合でも企業側は従業員の勤務時間を正確に把握し、時間外手当や休日出勤手当を正しく支給する必要があります。また36協定に違反しないよう、月間の総時間外数や年間の総時間外数を意識して従業員の出勤時間や残業時間をコントロールしなくてはなりません。このような背景の中、勤務管理システムは本人や管理職が手で時間を入力するものではなく、何もしなくても出勤時間や退社時間が自動的にセットされる仕組みが必要とされるのです。

タイムレコーダーを導入することのメリット

上記の通り、不規則な勤務や突発な出勤が発生しやすい職場環境において、適切な勤怠管理を実施するためにはタイムレコーダーの導入が必要不可欠です。タイムレコーダーとはIDカードか生体認証により個人を識別し、会社に入館したり退館したりするイベントをシステムが機械的に記録します。よって、出勤時間や退勤時間をわざわざ入力しなくても機械的に勤怠管理を行うことができるのです。このような仕組みを導入することは、従業員や管理職が勤務時間を入力する手間を省くことができる以外にも、不正防止にも効果を発揮します。具体的には、実際は夜遅くまで時間外をしているのに殆ど時間外手当が支給されていなかったり、実際に会社にいる時間より多くの時間外手当を支給してしまうようなことを防止することができるのです。

© Copyright Absence Management & Time. All Rights Reserved.