どうやるの?タイムレコーダーでクラウド使用の勤怠管理!

タイムレコーダーの進化

従来のタイムレコーダーは、個人のカードを時計機能を備えた機器に挿入することで時間を管理していました。そのカードは機械で読み取ったり、人の手で集計されることで勤務時間が管理していました。そして本人に間違っていないかを確認することで運用します。しかし、最近では、クラウドを使ったネットワークシステムで管理できます。例えば、パソコンから勤務時間を自己申告します。そしてサーバーにデータを集めて集計することができます。また、従来のカードタイプでも、個人で機器を通すことでデータ化されて管理することができます。これにより出張など出先でもだたしくかつタイムリーに勤務の実態を申請する環境を整備することができます。

いろいろな管理ができる

タイムカードをデーター化することで就業規則に基づいた正しい管理をすることができます。たとえば、勤務時間を過大や過少申告していないかは、ゲートの時間やパソコンのログを追跡することで調べることができます。これをもとに、本人に問いただすことができ、サービス残業の防止などに貢献できます。また、これらのデータを会計ソフトとリンクすることで給与明細を作ることができます。また、決算書も容易に作れます。これらの書類は電子データーとして活用できますので利便性が上がりペーパーレスで地球の環境保全にもつながります。また、残業や休日出勤など36協定の管理や業務負荷の分析に役立てることが可能です。機能はカスタマイズできますので導入時が重要です。

© Copyright Absence Management & Time. All Rights Reserved.