タイムレコーダーで就業規則にあった勤怠管理を!

クラウド型タイムレコーダーなら勤怠管理が簡単に

社員の勤怠が就業規則に合っているか把握するのは簡単なことではないですよね。しかし、社員が会社にどのくらい貢献しているか把握するためには、勤怠管理をしっかりする必要があります。そこでおすすめなのがクラウド型のタイムレコーダーです。
近年はフレックス制などいろいろな働き方をしている社員が多く、場合によってはほとんど会社にいないで仕事をしていることも多くなっています。このような場合でもクラウド型のタイムレコーダーならば、スマートフォンやパソコンで打刻できるため社内にあるタイムレコーダーを使う必要がないんです。位置情報サービスとレコーダーを連携させることによって、より正確に社員の勤怠を管理することができますよ。

クラウド型を採用するメリット

クラウド型のタイムレコーダーならば社員が打刻をした時点で、管理者も確認できるため就業規則にあっているかすぐに確認可能です。また、残業時間などすぐに計算するのが難しい内容もすぐに把握できるため、就業規則を超えた時間社員が働くといった事態を避けられます。さらに、このように多くの魅力があるクラウド型のタイムレコーダーですが、導入のための費用があまり必要ないことも大きな魅力ですよ。
サーバーを管理するための場所や費用を節約して、運用もしやすくなっています。最新のシステムにアップデートしたい場合も、自動的に行われるので安心です。まずはどのような機能が自社にあればいいか検討して、リストアップすることから始めましょう。

© Copyright Absence Management & Time. All Rights Reserved.