これからの勤怠管理に!タイムレコーダーの活用法!

面倒な集計や計算も簡単に

コストや手間をかけずに勤怠管理を正確に実施したい場合、デジタル化が進んでいるタイムレコーダーを導入してみましょう。紙のカードだけでは管理や集計時に手間がかかることも多いですが、最新のシステムを社内に導入すれば自動的に労働時間を集計できますよ。
また給与計算ソフトとこのようなシステムを連携させれば、給与もすぐに計算可能です。大幅に業務を改善することで効率化を目指しましょう。
さらに残業時間に上限を設定できるため、定められた時間に達しそうになったらアラートで知らせることも可能になっています。有給休暇や休日出勤も管理できるので、社員全員の労働と残業時間を正確に把握するならこのようなタイムレコーダーを上手く使いましょう。

シフトを作成する場合も活用できる

タイムレコーダーと勤怠管理のシステムを活用することによって、シフトを作成することができるんです。複雑な内容になりがちなシフトも、パターンを作成しておけば当てはめるだけなので簡単ですよ。シフトごとに人件費がどのくらいかかったのか管理する場合も、自動的に計算してくれます。
また、デジタル化したタイムレコーダーを導入できればインクやカードなどの消耗品代と保管に必要なコストを削減できるのも大きな魅力です。タイムカードを集計するのに必要だった人件費と、全国にある拠点からタイムカードを集めるための輸送費も減らせますよ。打刻はスマートフォンや生体認証が使えるので、不正な打刻を防いでより公平で正確な管理システムを社内に実現可能なんです。

© Copyright Absence Management & Time. All Rights Reserved.